蜂を退治する|死の危険がある種類を公開!

鳥による被害への対処法

ハト

鳩は日本において景観の趣にもなる鳥ですが、多くの鳩が建物に群がることで美観や衛生環境を損ねてしまいます。そこで、効果的な鳩への対処法を2つ紹介します。一つ目の対策は、物理的な障害物を設置することで鳩の侵入を防ぐという方法です。この対策では、ネットやトゲ状のグッズを特定の場所に置くことが一般的です。物理的な対策グッズはマンションなどの場合、美観を損ねるものとして禁止されていることがあります。使用の際には、管理人に許可を取ることが大切です。もう一つの対策は、鳩の身体の仕組みを利用して磁石を置くという方法です。鳩の体内からは磁気が出ているので、磁石を置いておくことで身体に負担が掛かります。効果が天候などの諸条件に左右されることがあるものの、複数箇所に設置しやすいメリットがあります。

医学の世界では鳩対策の必要性が以前から話題になっていました。その理由として、鳩の体内には人間に感染するウイルスが存在していることが挙げられます。このウイルスはクリプトコッカスと呼ばれ、鳩の糞に大量に存在していることが分かっています。鳥が飛ぶときには、地面に散らばった糞や身体に付着した糞が舞い上がってしまいます。そのため、空気中に舞ったクリプトコッカスを吸引しやすくなり、人間の体内に感染します。クリプトコッカスは髄膜炎などの症状を引き起こすため、医療機関が積極的な対策を呼び掛けています。また、インターネットで情報を得やすくなったことで対策に取り組む人が増えています。健康への影響に関する情報が広がり、鳩対策に関心を持つ人が増えているというのが近年の傾向です。もし鳩による被害に悩まされているのであれば、駆除業者に対策を依頼すると良いでしょう。